寺津の河童の話
その1

 むかし、この寺津の村に、ひとりのおじいさんがすんでいました。一日のしごとをおえたおじいさんは、かわいがっていた馬のからだを、ゴシゴシ、川原であらってやったあと、しばらく夕すずみをさせていました。
 やがて、日は西の山へしずんでいきます。
 「さあ、今日もごくろうさんだったな。家にかえって、どっさりうまいものを食べさてやるぞ。」と、おじいさんは馬のたづなをとりました。たづなのさきは、川のせの方にのびて、ゆらゆらとゆれていました。おじいさんはたづなをひょぃとたぐりよせましたが、いつもと手ごたえがちがいます。「おやっ。」と思いながら、こんどは力一ぱいたぐりよせますと、たづなといっしょに河童の子どもが「フンギア。フンギア。」と泣きながらひきよせられました。きっと馬を川ぞこにひきこもうとしていたにちがいありません。
                                                       

 河童はずいぶん長い間、水から頭だけ出して、馬をねらっていたらしく、力のもとになる頭のさらが、からっぽになっていました。そこをおじいさんにふいににひっぱられ、たづなにからだのどこかが、もつれてしまったらしいのです。

 おじいさんは「このいたずらものめ!!」とばかり、こらしめのために、台所のはしらへ、てつのくさりでしばっておきました。

 そのばんのことです。おばあさんがごそごそおきてきました。水が飲みたくなったのです。

 おばあさんは、台所で水を飲み、「お前は、また、ばかなやつじゃ。」といって、なにげなく、ひしゃくでコツンと河童の頭をたたきました。

 さあたいへんです。その時、河童の頭のさらに、ひしゃくの水が入ったのです。河童はたちまちあばれだし、くさりを切って、いちもくさんに、にげてしまいました。

 しかし、この河童は、なかなかれいぎ正しく、ごおんをしる河童であったらしく、これからのち毎年のようにサケやアユなど、きせつの魚を、台所のかけ木にかけていきました。

 おばあさんは、だんだんと、よくばりになって、せっかく持ってきてくれるのだからと、大きなてつのカギをいくつもかけ、もっと、もっとたくさん魚をかけることが、できるようにいたしました。ところが、河童は、前にてつのくさりでしばられたことがありましたので、てつをみると、びっくりして二度とあらわれなくなったということです。
                        
                         民話出典「大沢野ものがたり」




 

寺津のおじいさんの話

   寺津の淵の概略

 「寺津の淵」とは、神通川に架かる寺津橋の真下の所です。その昔、神通川第一発電所を建設する際に測量したことがありましたが、淵の深さは13ひろ(24〜5m)ほどあったそうです。

 淵の底には、奥深い横穴があり、潜水夫が、探索したのですが、古い材木がたくさん詰まっているのを発見しました。これは、飛州木材と呼ばれるもので、飛騨の高原川や宮川から流された木材でした。寺津は、江戸時代には、流された木材を回収し、数を数える記帳場になっていました。これはその証です。

 飛州木材の川流しは、明治になってからも続き、高山線(飛越線)が開通する昭和5年ごろに終わりました。木流しの仕事は、飛騨の熟練した人々の仕事でした。当時の神通川は水量が多く、大変危険でしたから、身を清めてから筏に乗り込んでいました。対岸の片掛や庵谷は、宿屋が何軒もありましたが、木流しの人たちも泊り繁盛していました。

 子どもの頃、この淵へ、橋の上から飛び込んでは、遊びました。大きな鯉が飛び上がるのも見ました。この神秘的な淵に河童伝説が残っているのは、納得できます。

 「ドンドン畠」という話は、淵の上にある畑のことです。その畑で跳びはねると、ドンドンと音が響いたというのは、淵の下にある横穴が、その畑の真下まで伸びているからなのでしょう。だれも見たことはないと思いますが、今でも淵の底には奥深い横穴が開いていると思いますよ。

 「寺津の淵」のすぐ下流には、広い砂浜が広がっていました。子どもの頃はよくこの砂浜の付近で泳いだものです。「川で遊んどると河童にさらわれるぞ」とよく言われたものです。「河童の話」に、子どもの河童が馬のしっぽにつながって上がって来たという所がありますが、寺津の人たちは、馬を大切に飼っていました。その砂浜で、仕事を終えた馬の身体を洗いましたから、馬が出て来るのでしょう。

 この「河童の話」には、子どもの河童がサケやアユを届けたとありますが、寺津はマス漁が盛んで、「寺津マス」と呼ばれるほどでしたから、届けられたのは、サケではなくマスだと思いますよ。

 寺津橋のたもとに「天下の景勝、神通峡」「淵の河童」「飛騨片麻岩」と刻まれた大沢野観光協会の三本の石柱が立っています。寺津には、まだたくさんの伝説が残っています。また、次回お話しましょう。







伝説・民話のふるさと 寺津
 

 寺津部落の南、神通峡谷の最も幽邃を極める所、水色黒く、無気味に静まり返って底知れぬ「寺津の淵」。
 
 この淵には昔から川の主がいて漁師達に怖れられている。今でも一丈位の緋鯉がいるし、第一発電所建設の際にも、五尺位の黒鯉に跳ねられて気絶した人もある。

 この淵の右岸は奥深い洞となっていて、飛州材木が流送した粗材が山のように詰まっているということで、「盗人穴」とも呼んでいる。
                                   
                                     「大沢野町誌」